紙巻きタバコから卒業を検討している方必見!電子タバコの特徴とデメリット

紙巻きタバコから卒業を検討している方必見!電子タバコの特徴とデメリット

電子タバコの特徴を解説!

近年では紙巻きタバコから電子タバコに切り替える人が増えています。周囲でも電子タバコを愛用する人が多くなると、自分も試してみたいと思うこともありますよね。まだ紙巻きタバコの人は興味があっても、自分に合うか疑問に思ったり、そもそもどんなタバコなのか詳しく知らないという人も少なくありません。電子タバコは、フレーバーといわれるフルーツ系やミント系などの香りがついた液体を加熱し、その時に発生した蒸気をあじわう嗜好アイテムです。タバコ葉を使用しないため、ニコチンやタールも含まれていません。そして、紙巻きタバコを燃焼すると独特のにおいが空間に充満しますが、電子タバコは好みのフレーバーのにおいを楽しめるため、タバコ葉特有の嫌なにおいが発生することもないです。

自分に合うかチェック!電子タバコのメリットとは!?

電子タバコには色んなメリットがあるので、それを確認しながら、自分に合うかどうかチェックしてみましょう。紙巻きタバコの場合、吸い殻が出るので、灰皿や外出先でも携帯ケースなどが必要になることもあります。一方の電子タバコであれば、吸い殻は一切出ないため灰皿はいりませんし、面倒な吸い殻の処分の手間もかかりません。そして、紙巻きタバコにはタールが含まれているので歯が黄ばむこともあることや、部屋の壁も色素沈着して汚れてしまうこともあります。歯のヤニ汚れは市販の歯磨き粉ではなかなか取れませんし、壁の色素沈着の汚れも落ちにくいです。タールゼロの電子タバコなら、自分の歯や部屋の汚れを気にせずタバコを嗜好できるというメリットがあります。

ニコチンリキッドは、国内において健康上の理由から輸入が厳しく制限されており、輸入量によっては所定の手続きが必要となります。